UCSカードキャッシング手数料はいくら?気を付けたい注意点と金利

UCSカードキャッシングは最高で50万円まで金利18%で利用できる便利なサービスです。急に現金が必要なときに全国のATMで利用できます。でも手数料や金利などは他のカードと比べて実際のところどうなんでしょうか。

そこで今回はUCSカードの手数料や金利など気を付けたい注意点をご紹介致します。
UCSカードキャッシング手数料はいくら?気を付けたい注意点と金利

UCSカードのキャッシングサービスの特徴

UCSカードのキャッシングサービスは、ゴールドカードで最高90万円、それ以外のカードでは最高50万円まで利用をすることができます。
返済方法には、利用時スライドコース・標準コース・長期コース・元金定額コース・元利定額コースの5つの方法があります。

利用方法 ATM、電話での振込依頼、インターネットからの振込依頼
利用可能ATM 全国のコンビニ、銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫など
ATMの利用手数料 1万円まで108円、1万円超216円
利用可能額 キャッシング枠内(1万円~50万円)ゴールドカード90万円、STEP ONEカード200万円
金利 18.0%(STEP ONEカードは14%)
返済方法 利用時スライドコース・標準コース・長期コース・元金定額コース・元利定額コース
担保・保証人 不要

 

[利用時スライドコース]
ご利用後の締切日(毎月15日)残高でお支払い額が決まります。新たなご利用があったときは融資残高により、お支払い額が変動しますが、新たなご利用がないときは、前回と同額のお支払い額となる返済方法です。

[標準コース]
ご利用の有無にかかわらず締切日(毎月15日)の残高で支払い額が決まります。たとえば、1~100,000円の残高であれば月々のお支払い額が5,000円。100,001~300,000円は、10,000円などとと決まっています。

[元金定額コース]
毎月一定の元金に、手数料を加えて支払う方法です。

[元利定額コース]
予め指定した一定の返済金額(利息を含む)で支払う方法です。一般でリボルビング払いとかリボ払いとか呼ばれています。

UCSカードのキャッシング枠は、申込時に「20万円・30万円・50万円・希望しない」から選ぶことができます。契約後でもこのキャッシング枠をインターネットやお電話(0587-30-5011)で増減することもできます。

 

また、UCSカードのキャッシングサービスにはキャッシング専用のカード「STEP ONEカード」があり利用可能枠が最高200万円となっています。

審査基準は、満20歳から60歳未満の方で安定した本人収入のある方です。パート・アルバイトの方でもお申込みをすることができます。
急なまとまった資金が必要な時に利用するのに便利です。金利も14%と他のカードと比べると低くなっています。

UCSカードのキャッシング専用カード「SET ONEカード」

 

気を付けたい注意点

UCSカードのキャッシング金利はカードローンと比べるとやや高めです。

カード名 金利
イオン銀行 13.80%~3.80%
みずほ銀行 14.0%~3.5%
アコム 18.0%~4.7%
エポスカード 18.0%
セディナカード 18.0%
OMCカード 18.0%
ジャックスカード  18.0%
UCSカード 18.0%

カードローンの場合利用限度額と金利はほぼ連動していますがUCSカードの金利は一定でカードローンと比べると高くなっています。ですので銀行系のカードローンに比べると不利になります。

ですのでキャッシングを頻繁に利用される方は銀行系のカードローンか、または、UCSカードのSTEP ONEカード(金利14% 最高200万円)をご利用をされることをオススメ致します。アピタやピアゴのショッピングを主にしてポイントを付けたり、5%割引を利用するにはUCSカードが便利でお得になります。

 

UCSカードのポイントの貯め方・使い方はこちらをご覧ください