UCSカードの締め日が危険 | 支払い額を間違えてしまうミスとは!?

UCSカード締め日キャッシング、カードローン(キャッシングリボ)ともに毎月15日ですがお支払い額を勘違いして間違えてしまうことがあります。
残高不足ってことにもなりかねませんので注意が必要です。
そこで今回は締め日に支払い額を間違えてしまうミスをご紹介致します。

UCSカードの締め日が危険 | 支払い額を間違えてしまうミスとは!?

支払い額を勘違いして残高になることも!

キャッシングの時はともかくカードローン(キャッシングリボ)の場合は支払い額に注意する必要があります。
残高不足ってことになりかねません。

 

カードローンで起こしてしまうミスとは、「利用時スライドコース」で起こってしまいます。
この「利用時スライドコース」を説明をする前に、UCSカードの返済方法を説明しますね。

 

まず、キャッシングを利用した場合2つの返済方法があります。
一つは、一括払い、
二つ目がカードローン(キャッシングリボ)
です。

また、カードローンには3つの返済方法があって、「利用時スライドコース」・「元金定額コース」・「元利定額コース」があります。

 

利用時スライドコースとは、ご利用後締め日 毎月15日残高で支払い額が決まります。
その支払い額が下の表になります。

ご利用があったときの締切日(毎月15日)のご利用残高 月々のお支払い額(弁済金)
 1~100,000  5,000円
 100,001~200,000  10,000円
 200,001~300,000  15,000円
 300,001~400,000  15,000円
 400,001~500,000  15,000円
 500,001~700,000  20,000円
 700,001~900,000  25,000円

   

毎月この表に従って返済をするだけなんですが、新たなご利用がない場合は前回と同額のお支払い額となります。
ここで残高不足などのミスが起こってしまうんです(^^;

利用時スライドコース

たとえば、最初に4万円をキャッシングをしたとします。
次の月の引き落とし日に5千円が口座が落ちて、支払い残高は3万5千円です。
同じ月にまた8万円をキャッシングします。
そうすると、次の引き落とし額は11万5千円ですから1万円になります。
次の月にキャッシング利用がなかったとすると、10万5千円ですから1万円の返済になります。
次の月もキャッシング利用がなかったとすると、9万5千円ですから5千円となると思ったらそれは間違いです。

そう思い出して下さい!
利用のない月は前回と同額の支払い額になることを。
ですから5千円の引き落としではなく、1万円の引き落としになるんです。

 

ミスが発生するのは「利用時スライドコース」を選択している方だけです。「元金定額コース」・「元利定額コース」の方はこの支払い方法ではありませんので心配いりません

 

「元金定額コース」と「元利定額コース」は、自分で返済額を設定できる返済方法です。
元金定額コースは、1万円以上 5千円単位で、上限10万円までで指定して、手数料を加えて返済する方法です。
キャッシングご利用可能枠が50万円を超える方は、1万5千円以上 5千円単位からの指定となります。

 

「元利定額コース」も自身で返済額を設定できる点では元金定額コースと同じですが、3万円以上 5千円単位 上限10万円以内で、利息を含んで返済する方法です。

 

UCSカードの貯まったポイントは消費券や図書カードに交換ができる!

 

 

UCSカードのお勧めのポイント交換!貯まったポイントはコレに交換

UCSカードを使って支払うとUポイントが貯まります。200円(税込)ごとに1ポイント貯まって1,000ポイントになると商品券や図書券・電子マネーに交換ができちゃうんです。
商品券には、「三井住友カードVJAギフトカード」・「ユニー・ファミリーマートグループ商品券」があって全国の50万店以上ものデパート・ショッピングセンター・大手スーパー・レストラン・ホテルで使用できたり、全国のファミリーマートで使えるんですよ。その他にも図書券などにも交換ができます。
そこで今回は貯まったUポイントのオススメの交換商品をご紹介致します。

UCSカードのお勧めのポイント交換!貯まったポイントはコレに交換

1000ポイントから交換できる

UCSカードで支払うごとにUポイントが貯まっていきます。
ご利用額200円(税込)ごとにUポイントが貯まるのでお得なんです。
何がお得かというと「税込」の金額にたいしてポイントが付くんです。
税込でポイントが作って嬉しくないですか。
ほかの店では税込ではなくて、税抜でポイントが付きますがUCSカードは税込でポイントが付くからお得なんです。

それに、月額利用金額に対してUポイントが計算されるので端数の切り捨てが少なく無駄がないんです。
たとえば、大手コンビニなんかは買い物1回、1回でポイントが付与されますよね。
実はあれ、その都度、端数の金額は切り捨てられているんです(^^;

 

貯まったポイントはコレに交換

貯まったUポイントは1,000ポイント以上から1,000ポイント単位で交換ができます。交換できる商品はこれらになります。

・三井住友カードVJAギフトカード
・ユニー・ファミリーマートグループ商品券
・ユニー電子マネー
・図書カード
・JALマイレージバンク
・マイメロディグッズとの交換(マイメロディカードの方のみ)
・UCSオリジナル限定ドラゴンズグッズ(ドラゴンズカードの方のみ)
・ユニセフへの寄付
・日本赤十字社への寄付

 

 三井住友カードVJAギフトカード

貯まったUポイントは三井住友カードVJAギフトカードに交換できる

三井住友カードVJAギフトカードは、以前は三井住友カードVISAカードという商品券でしたが券名だけが変更になったみたいです。でも使えるお店は以前と変わりがなく、全国50万店以上のデパート・大手スーパー・ショッピングセンター・レストラン・ホテルなどで使うことができます。多くのお店で使うことができるのでお買い物にはとても便利な商品券です。

 

 ユニー・ファミリーマートグループ商品券

貯まったUポイントはユニー・ファミリーマートグループ商品券に交換できる

ユニー・ファミリーマートグループ商品券は、日本全国のユニー・ファミリーマートグループの店舗で利用することができます。
もちろんアピタ・ピアゴ・ファミリーマートなど全国約19,000店舗で利用をすることができます。
アピタ・ピアゴでよくお買い物をされる方にとってはとても便利な商品券です。ファミリーマートでも使用することができるので使うお店に困ることはありません。

 

 ユニー電子マネー

貯まったUポイントはユニー電子マネーに交換できる

貯まったUポイントをユニー電子マネーに交換をすることができます。ただし、ユニコカードが必要になります。
ちなみにユニコカードとはユニー・ファミリーマートホールディングスが発行している電子マネーで、アピタ・ピアゴ・MEGAドン・キホーテUNY・ファミリーマート・サークルKサンクスで使える電子マネーです。

 

 図書カード

貯まったUポイントは図書カードに交換できる

Uポイントは図書カードにも交換ができます。本が好きな方にはオススメの商品券です。

 

 JALマイレージバンク
JALマイレージバンクへもUポイントを交換することができます。ただし交換率がとても悪いです。1,000ポイントが500マイルにかなりませんのであまりお勧めではありませんが旅行がお好きな方には良いかも知れません。こちらも1,000ポイント単位で交換をすることができます。

 

 マイメロディグッズとの交換(マイメロディカードの方のみ)

マイメロディグッズとの交換(マイメロディカードの方のみ)

UCSマイメロディカードをお持ちの方限定になりますが素敵なマイメロディグッズと交換することができます。
商品にはフェイスタオルやバッグ、クオカードなどかあります。

ポイント数 商品
1.000点 フェイスタオル(サイズ34cm x 80cm コットン100%)
2.000点 マイメロディ バッグセット、またはクロミ バッグセット
3,000点 クオカードセット(UCSオリジナル 1,000円 x 2枚) 2種類あり
4,000点 フェイス マイメロディ お昼寝ケット(サイズ155cm x 88cm コットン100%)

 

 UCSオリジナル限定ドラゴンズグッズ(ドラゴンズカードの方のみ)

UCSオリジナル限定ドラゴンズグッズ(ドラゴンズカードの方のみ)

UCSドラゴンズカードをお持ちの方限定になりますがドラゴンズ好きにはたまらないグッズ(UCSオリジナル)と交換することができます。

ポイント数 商品
1.000点 ドアラタオル(3種類あるうち一つ)
2.000点 ドアラ直筆サイン入り保冷バッグ
3,000点 ドアラバスタオル&ハンドルタオルセットまたは、ドアラタオルポンチョ
10,000点 選手直筆サイン入り メッシュユニホーム(レプリカ)ホーム用

 

あと、ユニセフ(UNICEF:国連児童基金)への寄付や日本赤十字社への寄付もできます。世界で食べるのにも困っている子供たちが大勢います。1日に約1万5,000人もの子供が亡くなっているそうです。また、国内・海外問わず災害救護や国際救護など人道支援活動を行っている日本赤十字社を支援することができますのでよろしくお願い致します。

 

UCSカードのUポイントをザクザク貯める方法はこちら